僕がシュリーマンになるまで(仮)

How I become a multilingual millionaire

小説第0章

Death and the Flower(仮題)

 

f:id:zenith_a:20171227142105j:plain

「どんなにつらくても
 ぼくはやめないぞ、
 きっとこらえるぞ と、
 かま猫は泣きながら
 にぎりこぶしを 握りました。」

宮沢賢治「猫の事務所」より

 

※この作品はフィクションであり、

実在する人物・地名・団体とは一切関係ありません。

 

 

ミャンマーの僧院の朝は早い。

まだ太陽の気配すらない朝4時に僧は起床し、洗顔をすませ、そして糞掃衣を身にまとう。ここミャンマー郊外のモービーには広大な森が広がり、その一角を切り開いてこの僧院は開かれている。僧は皆バンガローとでもいうべき小屋を与えられているが、一人、また一人と小屋を後にし、夜更けの暗がりの中を歩行瞑想を行いつつシーマーホール(法堂)に向かう。決して急いではならない。片足を持ち上げ、前に送り、着地する感覚をマインドフルに認識しながら歩いていく。この森にはサソリやコブラがいるので、懐中電灯を歩く先の方に向けていないと非常に危険な事態に陥ることもある。

しかし戒律により一切の殺生を禁じられた僧は、決して怠ることなく、焦ることなく常に己を観照せねばならない。普通に歩けば5分もかからない法堂に、20分をかかっただろうか、ようやくのことで辿り着く。既に法堂にはミャンマー僧はもとより中国僧、韓国僧や在家修行者が思い思いの場所で瞑想を始めている。ここでは一切の私語は厳禁である。

やや遠くから、パーリ語の読経が始まったのが聞こえてくる。経はほぼ常にこういう出だしから始まるー

「わたくしはこのように聞いた(如是我聞)。」

瞑想に浸っていた僧はやや面を上げる。そして読経にかすかに唱和する。

「わたくしはこのようにきいた。

 シンガポールが約束の地である。

 わたくしはある時、このように聞いたー」