僕がシュリーマンになるまで(仮)

How I become a multilingual millionaire

小説第0章

Death and the Flower(仮題)

 

f:id:zenith_a:20171227142105j:plain

「どんなにつらくても
 ぼくはやめないぞ、
 きっとこらえるぞ と、
 かま猫は泣きながら
 にぎりこぶしを 握りました。」

宮沢賢治「猫の事務所」より

 

※この作品はフィクションであり、

実在する人物・地名・団体とは一切関係ありません。

 

 

 僧院の朝は早い。

 まだ太陽の気配すらない朝4時に僧は起床し、洗顔をすませ、そして糞掃衣を身にまとう。ここミャンマー郊外のモービーには広大な森が広がり、その一角を切り開いてこの僧院は開かれている。周囲にはほんのわずかな人家が点在するのみである。ここで僧たちは皆バンガローとでもいうべき小屋を与えられており、朝の鐘が鳴ると、おもむろに一人また一人と小屋を後にし、夜更けの暗がりの中を経行(歩行瞑想)を行いながらシーマーホール(法堂)へと向かうのだ。歩みは決して急いではならない。立位のまま片足を持ち上げ、前に送り、着地する感覚をマインドフルに認識しながら歩く。同時に二つの動作を行ってはならない。右足を上げ、下ろす一連の動作が完結して初めて左足を上げる動作に移る。できる限り動作を緩慢に行うことで、一つ一つの動きを念じ、味わいながら歩くことになる。

 そしてこの森にはサソリやコブラがいるので、常に懐中電灯を歩く先の方に向けていないとそれらの動物に出くわしかねず、非常に危険な事態に陥ることもある。しかし戒律により一切の殺生を禁じられた僧は、決して怠ることなく、焦ることなく常に己を観照せねばならない。普通なら5分もかからず歩けるような距離を、じっくり20分もかけてこのような内面作業を行うことになるのだ。そしてようやくのことでホールに辿り着く。既に法堂には、ミャンマー僧はもとより中国僧、韓国僧や在家修行者が思い思いの場所で陣取り瞑想を始めている。どうしても蚊が多く、かつ殺生は厳禁なので天井から紐を垂らし、吊り上げ式の蚊帳の中に入って瞑想に取り組むことになる。正面には大きなブッダの座像が置かれており、美術とか何とか言う前に、そもそも実用上の理由から仏像制作は始まったに違いないなどという想念がひとりでに湧いてくる。座仏の像を前にすると、こちらも自然と座相がキマってくるのだ。当然ながらここでは一切の私語は厳禁である。

 

 上座部仏教の瞑想とは、決して無想無念と頭の中をからっぽにすることではない、と思う。有馬の理解では、例えばパソコンのOSに支障が出たときに、問題の切り分けのためにセーフモードで再起動して関係するプログラムを一つずつオフにしていくイメージに近い。パソコンそのものはオフではないが、OSを構成する最低限のプログラムのみが起動し、CPU負荷が限りなく低減値に近づいた最も負担の少ない状態。その状態を、タスクマネージャーでモニターし続ける行為。それが瞑想ではないのか、それなら、Windowsの影で走っているMS-DOSは言ってみれば意識の表層に現れない無意識の層-これをフロイトユングが着目してフォーカスしたのではないか。などと、やはり思念はサルのごとくあちらにはねこちらにはねる。まだ修行が足りないな、と思い、再び瞑想に集中すべく意識を向けるー。

 

やがてやや遠くから、パーリ語の読経が始まったのが聞こえてくる。別なホールで行われている朝の勤行だ。上座部の経はほぼ常にこういう出だしから始まるー

「evaṃ mayā śrutam ekasmin samaye

 わたくしはこのように聞いた(如是我聞)」

瞑想に浸っていた有馬はやや面を上げ、おもむろに目を開ける。一瞬、この数年の時光が脳裏をかすめる。そして読経にかすかに唱和する。

「そうだ、わたくしはこのようにきいた。

 シンガポールこそ約束の地である。

 わたくしはある時、このように聞いたー」