僕がシュリーマンになるまで(仮)

How I become a multilingual millionaire

雇われることから自営へ。

前の仕事を辞めてから2か月近く経つ中、色々次に向けて種をまく日々を送っているわけですが、つくづく思うのは、雇用されてする仕事と、自営業として自分を食わせる仕事は質も中身も全然違うということ。

 

なんというか、使う筋肉が違うというか、無駄であっても時間単位で給料が入ってくる会社員生活と、無駄があれば徹底的に何も入ってこない自営と。

 

会社員というのは様々なメリットがある中で、あの低い給与水準なのだなと

なんか納得するものがあります。

 

ふと気を抜くと、昔のぬるま湯が恋しいというか、サラリーマンであることが懐かしく感じられてしまうから本当に気を引き締めてかからねばなりません。

嫁さんにはいつも「あなたが老板(ラオパン:中国語で社長の意味)なんだから」と発破をかけられています。

 

意識を変えるということは、ギアを変えるというよりも、ガソリンエンジンからEVに変えるくらいな改革が必要なのでしょう。

 

とりあえず久しぶりの更新として雑感。