僕がシュリーマンになるまで(仮)

How I become a multilingual millionaire

通訳という仕事01:ただ訳すだけではダメ

 10年前の自分は東京のとある官公庁系の団体にいて、例えば日本中の外国語指導助手のために研修会等を開催するような感じの部署にいました。特にスポーツ系の外国人指導員は色々なバックグラウンドの国々から来ていたので、研修会を3日間やるだけでも大掛かりなブース(同時通訳で7言語ブースとか)になってしまって、専門の通訳を1言語最低3人は手配して、英語をキーとしながら交代で各国語に訳してもらって意思疎通を図る、とかそういう仕事をやっていました。

 

 なので、通訳を使うことについてはそれなりに事前知識と経験があったのです。どういう通訳がダメで、逆にどういう能力が求められるかということについては自分なりに一家言を持っていました。そんなこともあり、まさか自分が通訳になってしまうとは夢にも思わなかったのですが(今でもちょっと信じられない)、現場ごとに「自分に何が本当に要求されているか」という見極めについては割とセンシティブです。

 

 例えば、本当に英語が分からない人とネイティブのあいだに立ってやる通訳は実に簡単です。ヒナの餌付けで言えば、ネイティブが提供する素材を全てこちらの口の中で十分に咀嚼して、ちゃんと理解してから与えてやればいいからです。餌を口に押し込むタイミングもこちらに主導権があります。

 ところが、中途半端に英語ができる日本人とネイティブの間に立つとこれがやや難しい。なぜなら通訳の現場の短時間では、その日本人がどれだけ耳で理解しているか確認する暇もないし、一方でミーティングの時間は限られているので、一字一句訳してやるわけにもいかない。そこで大意を大まかに伝えたりするのですが、人によっては通訳を介さないで聞き、話すことを好む人もいるのです。僕的にはその辺は十分に理解しているので、手綱を放して全て任してみたりするのですが、やっぱり話が明後日の方向に行ってしまう。こうなってくるとまるでペットに徒競走をやらせるようなもので、愛犬に上手に障害物を越えさせるにはやはりそれなりのテクニックが必要になってきますし、通訳側としてテンポやリズムの主導権はやや失われがちです。

 

 そういう意味で、今日展示会中にあった通訳は、英語に堪能な大学教授の方がすべてリードしてやってくれたので、非常に楽といえば楽でした。ネイティブと英語上級の日本人専門家が同じ専門分野で会話をする場合、私の感覚では通訳はむしろ口を挟んではいけないと思います。もし思い違いや補足事項があれば口出しもしますが、仮に日本語で話してもらっても理解できないような高等分野の場合、むしろ通訳は黙して専門家に譲るのがマナーと考え、あえてあまり通訳はやりませんでした。その代わり、理解した大まかな流れは営業担当にフィードバックはします。といっても同僚も60%くらいは聞き取っているので、どの辺を切り取ってフィードバックするかがやや難しいところです。

 

明日はバンクーバーに移動です。