僕がシュリーマンになるまで(仮)

How I become a multilingual millionaire

独立前夜。

6月末に退職を申し出た。さすがに前回1月に色々慰留された経緯もあり、ほとんど何の障害もなく退職届が受理された。もうこれで後戻りは出来ない。

 

1週間のまとまった時間を作ったので、シンガポールに帰ってきた。会社の登記やら、色々と先のことを見据えた準備をしている。

 

サラリーマンを辞めるにあたり、ここでささやかではあるがいくつか願いというか宣言みたいなものを掲げておきたい:

 

1. 雇用関係を卒業する

 今後は誰にも雇用されず、自力で自活し、倜儻不羈を全うすること。

2.利益追求を旨とする

 商人として大成するため、あらゆるリソースを傾けること。

 ミリオネアとして「解脱」するまで集中する。

3.「何かしら善なるもの」を作り出す

 儲かるものであれば、自分の命と家族以外なら何でもえげつなく売買すればいい。

 ただし、いずれかの時点で善価値の創造に転換すること。

 

多分このリストは折に触れ改定するけれど、とりあえず今はこれだけ掲げたい。

今日はコワーキングスペースを何か所か訪問して、シンガポールにおける基地となる場所を探します。

広告を非表示にする

メーカー訪問

今日は朝からメーカー訪問。ホテルにお願いしてタクシーを呼んでもらい、インド音楽をBGMにひた走ること45分でようやく到着。

 

メーカー担当者は中国語に堪能なアメリカ人のアジアセールスマネージャーで、日本的な「儀礼訪問」をよく理解してくれているのでいい感じで午前中で切り上げてくれました。お昼は当地名物らしいバーベキューリブ。やっぱソースが美味しい。昼なのでルートビアにしたけど、本当はIPAが欲しかった...!f:id:zenith_a:20170425034446j:imagef:id:zenith_a:20170425034452j:imagef:id:zenith_a:20170425034457j:image

広告を非表示にする

ミネアポリス着

前回の投稿からだいぶ間が空いて、今年1発目のアメリカ出張 in Minneapolis。今回は行程上MNPが起点になるので、羽田からデルタ直行便で飛ぶことにしました。意外と早く、10時間ちょいで到着することに(隣の足長おじさんの不法侵入によりあんま眠れなかった)。そして着いたら入国審査の長い列にゲンナリ。アメリカに来ること自体はいつも喜ばしいのですが、あれだけはいつでも気分が盛り下がるものです。

 

でも空港→ホテルまでのシャトルは割とスムーズで、前も一度来たことあるMall of America近くのホテルへ投宿しました。とにかくやる気ないっす、というなんだかグチみたいな投稿。

広告を非表示にする

帰国後

10日間にわたる北米出張から帰ったのが先週のこと。その後時差ぼけに苦しみながらも一週間ぐらい経ち、ようやく平常運転に戻ってきました。

 

今の職場にはもう5年近くいるのですが、これだけ慣れてしまうと、朝1時間もあればその日に送らなければならないメールはさばけてしまいます。するとやることがなくて朝10時過ぎにはネットサーフィンに。。。

 

正直、居心地がいいのは否めないのですが、でも自分は居心地の良い場所を探して転職したわけでもないのです。贅沢な悩みかもしれないけど、ブログの最初の方で言ったように自分の事業を立ち上げたい。雇われているうちはそれが実現しないことはよく分かっているけど、楽な方に楽な方にと流れていく自分もそこにはいるわけで。

 

  改めて、動機を再確認する今日この頃です。

広告を非表示にする

Stanley Park訪問

帰国前だというのに強行軍でStanley Par

kまで足を運んでみたのさ。f:id:zenith_a:20161119025652j:image

 

早朝散歩は寒かった!

f:id:zenith_a:20161119025758j:image

f:id:zenith_a:20161119025714j:image

 

広告を非表示にする

自分的備忘録01:今後買うファッションアイテム

以下箇条書きにて:

  1. パラブーツのバース→その後購入済
  2. 内羽根式ストレートチップ黒カーフ(Church's Consul)→その後購入済
  3. 外羽根式プレーントウ茶(多分チャーチShannon)→黒シャノン買うた
  4. 手巻き式腕時計(ユンハンス?)→ドイツ行って高くてあきらめた
  5. ウールパンツ(チャーコールグレー)→買うた
  6. デンツのペッカリーグローブ黄→冬に買おうと思う

どこかで歯止めを効かさないとまた結構散財しそうだなあ。

結局、ロンドンに行って現地価格で買うのが一番賢そう。→その後行きました