僕がシュリーマンになるまで(仮)

How I become a multilingual millionaire

台湾旅行記2

Day2
 
 今日は10:30の新幹線で台中までの移動日なので、早めに起きて支度をする。チェックアウトしたら10時近かったが道はわかっているから何も問題はない。途中肉まんを数個買い入れ、新幹線のプラットフォームから10:40に無事電車に乗り込む。
 
 台北から台中まで1時間弱の旅である。本当に日本の新幹線と変わりがない。となりにローカルの女性が乗ってきて窓の景色はよく見れなかったが、ぼぉっとしているうちに無事新幹線は台中に着いた。
 
 さてホテルは駅のすぐ裏と聞いてきたが、問題は駅の周辺に何もない。いろいろ聞いて回ると、どうやら新幹線高鐵台中駅と台鉄台中駅は離れていて、3駅程ローカル線で乗り継がねばならない。なんてこった。快適な新幹線の旅の後、駅至近のホテルに歩いていくゴールデンプランは崩れてしまったのである。
 しかし仕方ないのでローカル線で台鉄台中駅に向かうことに。入場はSuica状態で遊カードをピッと通す。

香港旅行メモ

いつものように旅行メモ
 
Day 1
 
本来なら今夜のフライトは深夜0:50出発なので一日ゆっくりと過ごすべきなのに、なぜかおそばを食べに最寄り駅に。山菜そば、なめこそばともに美味である。その後家に帰り、2時間ほど仮眠。だらだら過ごしながら8時になったので荷物を確認し、日本タクシーアプリにてタクシーを呼ぶ。所要時間20分強、2840円。新宿バスタはやや迷路のようでもある。チケット(どの機械でも買えるようになった)1230円x2を相方購入、水を求めて回り道をし21:20バス出発。今回は羽田国際線直行なので20分ぐらいで着いた。途中ビデオチャットでうるさい旅行客をクールに黙らせるオレ。グッジョブ。
 
カウンターでのチェックイン、荷物検査ともに何の問題もなく通過するが、自動化ゲートでパスポートを読み込ませた際に未登録との表示が出て焦る。しかしもう一回トライしたらきちんと認識してくれた。あれは何だったのだろう。免税エリアではエルメスとグッチに行く。エルメスで小ぎれいな冊子を貰って喜ぶ。時間はもう23時近いのに、ANAラウンジで大量に食べてしまう。ビールも飲んだし、ウィスキーもはしごした。ANAカレーが特に美味で結構驚き。腹減ってればなんでもうまいのかもしれない。
 
0:30に搭乗開始するも、なんと我々の17Aシートがプレエコでなく普通のエコノミーであることが判明。しかもトイレ真後ろの壁際席なのでリクライニングしない。NH831便はエアージャパン運行の旧座席スタイルなのでヘッドレストも固定、しかも今回履いたジーンズが筋トレのせいかきつくなっているため、結構な圧迫。つまり4時間弱のフライトで1時間ぐらいしか睡眠できず。うう。
 
相方は映画を二本見たらしい。Red eyeなのにすごい。そして4:00着。空港は懐かしい感じがする。入国審査も問題なく、荷物もすぐピックアップして出る。とここで問題が。なんとエアポートエクスプレスは5:50まで出発しない。早速1時間半の待ち。えー、早く言ってくれよ本当に。
 
仕方がないので空港係員のおじさんに聞いたら、プラットホームの下の階にラウンジがあるとのこと。行ってみると、なんとプライオリティパスが使える!念のため持ってきて本当によかった。というわけでラウンジに入るも、よさげなソファ席は全部占領されているため、やむなくコンピュータ席の硬い椅子に座るはめに。水とウーロン茶を飲みながら、5:20まで待つ。その後駅は5:30に空いたので移動。5:50の始発に乗る。ここまでですごく疲れた。
 
電車は九龍まで20分ぐらい、相方爆睡。きれいで快適で素晴らしい電車だ。九龍ではちょっと心配だった往復割引チケットの途中下車も問題なく、無料バスエリアに上がると何の確認もなくバスに乗れた。しかしこれが非常に運転が荒いので、荷物棚に入れたスーツケースが転がり倒れた。次回以降はきちんと対応する必要あり。
 
Jordan付近で降ろされ、事前にストリートビューで確認もしていたので問題なくホテルに6:40に着いた。しかしやはり部屋にはすぐに入れない。14:00チェックインというフロントの人にお願いして、11時までに空きが出たら入れてもらうことに成功。かなりフラフラであるが、時間が余っているので周辺散策に。
 
Nathan Roadを渡った向かい側の2Fに飲茶屋さんがあって、大勢の老人が朝飯として飲茶をしている。人が多いところに基本的に外れはないので、着席する。隣の夫婦がなにくれと面倒を見てくれる。我々の注文はいつも通り皮蛋痩肉粥、鳥のツメ、腸粉にもう一つ。200ドルぐらい。これを食べたら結構眠くなってきたので、ホテルに戻りソファで寝ることにした。10時まで粘る。その後相方にお願いしてフロントに確認したら部屋があって入れる。よかった。
 
色々洗ったりして11時から寝る。4時までずっと熟睡。起きたらお腹が減っていたので、晩飯を食べにいく。まずはエおススメのMakヌードルハウス。ワンタンミーとドライヌードルを食べる。美味。

マラッカ出張メモ 1日目

5時起床、6時出発で某SMRTバスにてConcorde Hotelに向かう。
外は生憎の雨である。
 
初めてConcordeのロビーに行ったような気がするが、しかし以前にも来たような気がするのはなぜだろう。ロビーにはまるで水槽のようなシースルーのエレベータがあり、90年代の香港映画を彷彿とさせる。ちなみにロビーは3Fにあり、オーチャードロード側のエスカレータから直行する。正面の階段を上ってしまうと2Fのセキュリティに行くので、若干導線が意味不明でもある。
 
チェックインとは名ばかりの名簿確認、パスポート持参の念押しがあり7:30にバスは出発する。
最初に別なバスのゲートに並んでしまったが、しかしキャリーを引きながら別のバスの番号を確認し、そちらが正しいバスであることを確認する。PC21の車体番号
 
シンガポール側では基本的にガイドはいない。
CTEからAYEに向かうが、金曜だというのに意外な渋滞となり、Tuasのチェックポイントに行くまで小一時間を必要とした。
 
8時半過ぎにチェックポイント着。
最初のシンガポール出国時には荷物を持っていく必要はないらしいのだが、何があるのか分からないのでキャリーをもって出国審査に。
基本的にシンガ出国はシンガポーリアンと同じ自動ゲートで出国できてしまうので、短時間でここをクリア。自動ゲートのシステムや機材は空港と変わりない。あまり人はいない印象
 
次いでセカンドリンクのコーズウェイを越えしばらく走り、マレーシア側の入国審査に。
ここも人数はそれほどでもない(20人くらいが並ぶ)が、カウンターが3つしか空いていないので5分程度待たされる。珍しく入国審査官に行先と滞在期間を聞かれたので、マラッカに3日行くと伝える。
パスポートに当日日付のスタンプがきちんと押されていることを確認し、バスに戻ったが出発まで少し時間があるようなので、集合場所手前のミニマートにてカップケーキとクッキーを購入する。RM6ぐらい。
 
ここから女性ガイドさんが登場する。
パーマ髪が特徴的な60代とおぼしき華人で、割ときれいな英語を使う。
バスにはWifiもあってそれなりにつながる。ちなみにバスはLuxury Coachの高い席(片道38ドル)を買ったのだが、深くリクライニングのできる革張りのシートでなかなか快適だった。この時点で大体9時ぐらい。
 
バスは高速道路をひた走る。途中で休憩所にて20分の小休止。昔来た時と全く同じSAに停まったようでなんとなく雰囲気を覚えていた。残念ながら奥のミニマートは開いていなかったので(理由不明)、ケーキ屋で老婆餅(2.5RM)と煮落花生(嫁さんのおすすめ)を買って腹に入れる。落花生は要するにスープに入っているあの落花生の味だ。なかなかうまく、無言のまま食べ終える。
 
高速道路を降りたのが12時手前で、12:16には最初の降車地Swiss Garden Hotelに着いた。
ここはTangsデパートが併設されたなかなか小ぎれいなホテル。ショッピングセンターで色々お買い物できる環境で、ホテルの周囲にレジデンスやら色々円形にテナントが入っている様子。本来なら我々のチケットではここで降車しなければならないのだが、ガイドさんが気を利かせてくれてなんとIbisの目の前でおろしてくれることになる。グッジョブ。
 
事前の調査ではIbis Melakaは昨年7月に出来たばかりのホテルで、まだ新しいだけに結構いい感じのレビューが多かった。フランス系のチェーンで以前ブギスでも泊まったことがあり、広めの部屋が悪くなかったので今回はここに。若干ベッドの中心部がへこんでいる(むしろツインで良かった)以外は、収納もスペースが多く、シャワールームも清潔ないい部屋である。これで二名で一泊7000円くらいとは恐れ入る
 
早速シャワーを浴び、ベッドで少し体を休めてから市内散策に出かける。徒歩にてJonker Streetへ。ホテル近辺がマラッカのリトルインディアなのでいつもの匂いがするのだがまあそれもご愛敬。いい加減お腹が減ったので近場でいい店がないか探す。入口の雰囲気とGoogleでのレビュー数・内容から「Our kitchen」に決めた。オープンから日がないのか知らないが、20数件のレビューで4.4の高得点である。期待大。
 
食べたのはPaiTee(金杯)、五香巻、卵焼き、Pork Pontee、黒ホッケンミーにベラチャンカンコン。う、うまい。これである。こういう爽やかな辛味をずっと求めていた。ようやくマラッカまで来て納得のいく辛さに出会えた気がする。食べ合わせのドリンクは安定のアイスレモンティとバーリー冷となる。なんとこれでRM60(1800円くらい)。安い。安すぎて心配になる。大丈夫かOur Kitchen。
 
旨い飯のあとは引き続き観光。Baba&Nyonya博物館をまず見て回る。入場料はRM15。残念なことに入口以外は撮影禁止とのことだったので写真はないが、二階建ての奥行あるなかなか豪壮な内装だった。階段から上は土足禁止なので靴を脱いであがる。中庭の上部が吹き抜けになっていて日光が内部に入ってくる、典型的な南洋建築である。中には陶器等も置いてあってなかなか勉強になった。ちなみに入口でパンフレットをもらうわけだが、その説明を読んだあとに途中のカウンターで返却して見学完了となる。出口はレストランになっていて、そこを修理していたおじさんがケガをして流血するアクシデントがあった。
 
nyonya Museumの前の通りは歩道が著しく狭いので非常に歩き辛いが、タイルなど見て歩くのも実に楽しい。引き続きMameeミュージアムなど見て回るうちにだいぶ暑くなってきたのでホテルに一旦退却、シエスタタイムとする。
 
起きたら18:30で思ったよりも寝すぎてしまった。
せっかくなのでGrabを使ってショッピングモールまで行くこととする。
このショッピングモールには9年前にも来たことがあるけど、だいぶ内装も状態も変わった。アウトレットではあるものの、ちゃんとした店が増えた気がする。相方はKLで買い忘れたLevi'sの黒ジーンズをゲット、小生もNikeのランパンを物色する。何しろマハティール先生のおかげで今月からしばらくGST0%である。消費税がないなんて小学校以来でなんかとても素敵な気分だ。
 
メガモールの中でコーヒーパンを食べたがなかなかうまい。次いで今夜の晩飯を食べにMakko Restaurantに歩いて向かう。この辺は9年前にEquatorialホテルに泊まった時は夜でも真っ暗で店もなく、非常に心細い思いをしたものだが、今回来てみるとまばゆいばかりに整備された一角になっていた。Hatten Hotelが出来上がり、メガモールも拡張してこのようになったらしい。10年はひと昔とはよく言ったものである。
 
さてMakkoだが、21時近くに行ったのでもう閉店しないかヒヤヒヤしていたが、中に入ってみればお客がいっぱいでこれなら大丈夫と一安心。ここで私はギネスビール、嫁は安定のアイスレモンティにCinkalokやら四季豆の炒め物やら、腹いっぱい食べてこれまたRM60で済んでしまった。一体この物価安はなんだろうマラッカ。
飯を食べたら眠くなってしまったので、Grabにてホテルに帰って寝た。
 

台湾旅行記 Day1

Day 1
 昨日は東京国際フォーラムでゲスのライブを見た。その余韻も冷めやらぬまま台湾に。8時起床、出発は9:30である。珍しく地下鉄で新宿三丁目まで行き、NewWomanからバスタに上がる。間に合わないかと思ったがぎりぎり10:30の羽田行きバスに乗れた。空港着後、チェックインして出国、ANAラウンジに行く。いつも通り大量のカレーを食べ準備満タン。友達へのお土産はエビせんべい。
 座席は15列でエコノミーの一番前。足も伸ばせるし富士山もよく見え申し分のない席であった。3時間ほどかかり、16時過ぎに到着。荷物の出るのも入国も早く、セブンイレブンでけろっぴの遊カードを購入しATMで5000ドルの現金(二万円弱)を下ろした後、16:30にはタクシーに乗れた。
 タクシーの運ちゃんはやや怪しい道案内で、高速道路で渋滞にはまったり台北駅に向かうところで進まなくなるなど途中で非常に時間がかかった。ついにはホテルにきちんと到着することができず、近くの道路で降ろされるはめに。しかしこの運ちゃん、「お代は要らない」と非常に男前な対応で300ドル近い運賃がタダに。現金な我々は喜びながらホテルまでの道をガラガラスーツケースを引いて向かった。
 ホテルは台北駅に近い一角にあるまあまあおしゃれなホテルであるが、なにぶん部屋に窓がない。内部のエアコンもあまり効かず汗臭いにおいが充満する、空気が淀んだ部屋だった。台北駅至近ではあるが、これで1万円超えは高い気もする。まあしかし文句を言っても始まらないので、シャワーを浴びてから早速外に。
 近場のうどん屋で相方ご推薦の牛肉麺を食べる。スープは澄んだ感じで甘目の味付けで、まあまあの出来。しかし結構並んでいる人が多く、食べるまでちょっと時間を要した。おなかが落ち着いたので台北駅に行き、次の日のチケットをカウンターで購入する。一人1200ドルで台中まで行ける話である。その後エキナカの飲食店やらお店を冷やかした後、まだパワーが残っているのでなんと歩いて西門店の夜市にまで足を延ばす。前回来たのは4年前だが、なんとなく足が地理を覚えている気がする。阿宗麺線で懐かしの面線を食べるが、面がつるつるしている点以外は普段食べている麺線と何も変わらない。意外と普段食べている面線はうまいのだ。そんな確認をして一日目は終わり。

InBodyで体組成を測定してきた

前回の投稿からまたもや間が空いたものの、マラソン練習自体はずっと継続。

4月はこんな感じで運動してました:

 

[April]

WORKOUTs: 23

TIME: Total 30:55:56, Average: 1:20:41

CALORIES: Total 13,333 Cal, Average: 579 Cal

STEPS: Daily Average 16,270 steps

WEIGHT:  84.35kg (4/1)→85.50kg (4/30)

 

おっと増えとるがな。

しかし原因ははっきりしておりまして・・・

 ①4月から筋トレを取り入れ始めた(アブローラーきつい)

 ②4月中旬に長崎に行った(カステラとちゃんぽんと佐世保バーガー

 ③旅行から帰ってから、厳しい糖質制限をやめてしまった

 

別に増加すること自体はそんなに問題なのではないのですが、

問題は少しでも体重に変化があると一喜一憂してしまう性格と、

あまりサステイナブルじゃない糖質制限にあります。

#この綱引きが、ある意味自分の半生記とも言えなくもない。はやく止めたい。

 

というわけで、今後はきちんと食いながら減らすことにしました。

 

それと、家で使っている某O社の体脂肪計にあまり信頼がおけないので、いっそここはきちんとした体組成計を使って現段階での体組成を測り、今後の方向性を探ろうと思い立ちました。どこかでInBodyを使わせてくれる施設はないかしら・・・と調べたら、ありましたよ天下の西武グループ

 

カラダステーション|西武池袋本店|西武・そごう

 

この施設は、西武の「クラブ・オン」カード(年会費無料)とカラダステーションメンバーの両方に登録さえすれば、なんと無料でInBodyを使って詳細な体組成を計測してくれる上に、栄養管理士の方からアドバイスやカウンセリングも受けられるというなんともありがたい施設なのです。場所は池袋西武の8F。若干家から遠いのに加え、あまり個人的に好まない池袋ではあるのですが早速行って参りましたとも・・・!

 

そして得られた結果がこちら。

f:id:zenith_a:20180509125503j:plain

管理栄養士さんからのコメント:

・内臓脂肪がまだ多いので、きちんとご飯を食べながら、1カ月1キロ減を目標に緩く体重を落としていきましょう。目標は80kg切り

・骨格筋量は標準より多いです。(柔道を昔やっていたことを話すと)筋肉が付きやすいことはいいこと。この筋量は財産です(ちょっと嬉しい)今後とも鍛えていきましょう

f:id:zenith_a:20180509125519j:plain

・ちょっと左足の筋量が少ないかも(左利きなので、どうしても右足が利き足になってしまいがち)→バランスよくトレーニングしていきましょう

 

【自分的考察】

・もともと筋肉質なので、現時点でも除脂肪体重が85-17=約68kgもある。ということは、まだこの程度の筋肉量(それほどきちんとワークアウトしていないのでまだ貧弱)であっても、体重の数値自体は大して下げることはできない(体脂肪率10%を切っても75kgはある)ということ。多分、80kgを切ってからさらに下げようとすると結構大変かも。

・一方で、フルマラソンは1kg落とすとタイムが3分早くなると言われる位、体重が軽ければ軽いだけ有利になる種目でもある。この辺をどう両立させるかが課題。

・とりあえず当初の目標通り、80kgを切るまでワークアウトを続けることにする(~8月)。それからフル目指して走り込み。

 

これだけ詳細なデータが出るということ、そして自宅の体重計に表示される体脂肪率と4%近く開きがあることに今さらながら驚き。これだから足の裏だけで測る体脂肪率は信用できない。

 

というわけで、当面は減量中心で頑張っていこうと誓ったのでありました。

マラソン 3月の成果

なかなかいい感じで推移しています。

 

3/31現在
体重 83.70kg (-2.3kg)
体脂肪率 23.3%
骨格筋率 34.0%
BMI 25.5

MARCH
Workouts 28
Total Time 50:57:25
Average Time 1:49:11
Total Calories 19,427
Average Cal 693

 

 

さすがに一日2時間近くWorkoutするのはやり過ぎなのですが、
まあでもそういう生き方しかできないもので。

週末がっちりカーボを摂取すると覿面に週明けむくみます。

今後の改善課題。

そうだ、マラソンを始めよう。

タイトルの通り、

2018年はフルマラソンに挑戦しようと考えています。

 

実は密かに、今年の1月から減量自体は始めておりました。

年末年始の暴飲暴食で91kgまで増えてしまったことと、

体重が減るたびに服を買い替えたり、

あるいは増えるたびにまた買い揃えたり。。

 

そういう往復運動にいい加減嫌気が差したのと、

きちんと体重管理をしないといつまで経っても

お気に入りのワードローブが完成しないので。

(一昨年イギリスで買った高級靴がどんどんユルユルに…涙)

 

現段階でのスペックは大体以下の通り:

年齢:ほぼ40歳

身長:181cm

体重:86kg(3/7現在)

体脂肪率:24%(軽肥満)

BMI:26

 

1月からはこういう方針で対応しています:

・故障防止の観点から、体重をある程度の水準まで落とすまで走り出さない

 →現段階では80kgを一つの区切りとして設定

・食事はスタンダード~スーパー糖質制限

 (時々昼食で炭水化物を取る以外、基本的に葉物野菜と良質のたんぱく質を摂取)

LSD中心に、BPM120前後の有酸素運動を可能な限り続ける

 (一日30~120分の時間で、自宅玄関のステップを利用して踏み台昇降

 

とりあえずの目標として、

今年の12/8にシンガポールで行われる

Standard Chartered Marathon 2018へ出場して完走したいなと思っています。

フルかハーフかは正直分かりませんが、

フル初完走目指して調整自体は行っていきたいところ。

https://singaporemarathon.com/

 

計算してみたらちょうど3/13~12/8は270日あるみたいです。

ざっくりと9カ月ですね。

 

これまたざっくりと、目標体重はこんな感じで。

 ~6/10 80kg

 ~9/10 77kg

 ~12/7 74kg

 

これまで2カ月強運動してみて

運動自体苦にならなくなってきたのと、

色々なツール/やり方が身についてきたので

Apple WatchAirpods、玄関での踏み台昇降+Amazon Prime映画のコンボは半端ないっす)

結構やれそうな気がしてきました。

 

進捗は随時ここでお知らせします。